親は一生かかっても子どもに恩返ししきれない気がする

育児雑記

今日もお疲れ様です、モザです。反抗期、一瞬「ナンダトコノヤロー」と思ってしまう子ども達の一言ですが、よくよく考えれば無償の愛ゆえなのです…。周囲の理解さえあれば、障害者の「障害」は「障害」ではなくなると信じています。ゆるっとどうぞ…

子ども達はいつもまっすぐ事実を受け入れてくれます(それが良い事でも良からぬ事でも)。

「ブス(だからせめて化粧くらいしなよ)」

とか

「頭が悪い(からもっと勉強しなよ)」

という意味合いは全くないのです。

そして、美人で頭がよくて何でもできるママを求めていないのです。

それと比べて私は他人に色々求めてしまいがち…心から子ども達を見習うべきです。

また別の日に、

「もし、ママがオバサンじゃなかったら、人生おもしろくなかったよね」

と…

どうとらえていいのかよくわからんが「もし〇〇だったら」なんて高度な会話ができるようになったんだな!そしてポジティブだな!

しかしその後

「もし、ダディがイケメンじゃなかったら残念な人生だったね」

なんか矛盾してる気がするけど、とりあえず女性に生まれてよかった。神様、素晴らしい預かりものをありがとう。

最後までご覧いただき感謝です。皆さまが今日も笑顔で過ごせますように。

タイトルとURLをコピーしました