クアラルンプール|おすすめホテル|フォーポイント・バイ・シェラトン・シティセンター、子連れ宿泊ブログ

ホテル
【景品表示法に基く表記】記事内に広告を含みます。

Hola!旅好き4児の父アラン(@sillypiffer)です。

マレーシアのクアラルンプールはホテルが格安で選び放題。

選択肢が多すぎるがゆえに悩んでしまいますが、子連れに圧倒的におすすめできるホテルが2023年に11月に新規オープンしました!

観光にも最適な立地のフォーポイント・バイ・シェラトン・シティセンターは、クアラルンプールの中でも群を抜いたホスピタリティのスタッフが魅力。

エッジが効いているのにどこか柔らかいデザインの館内は、充実したキッズプールやプレイグラウンドもあり一日中遊んで過ごせます。

キッズクラブやレストラン、バーは宿泊当時オープンしていませんでしたが、充分楽しめました!オープンしたらまた行きたいです!

↑動画はこちら!
Spark Your Child's Love for English

予約前に会員登録を忘れずに!

マリオットボンヴォイの会員になると、12歳以下のお子さん2名まで朝食が無料になるほか、ランクに応じて客室アップグレードやレイトチェックアウトなど様々な特典を受け取れます。

宿泊の際は、ポイントを2重取りできる楽天トラベル経由で無料会員登録しておきましょう。子連れ旅で確実に得するステータスです。

\マリオットの会員制度はこちらの記事で詳しく解説しています/

子ども添い寝条件&キッズアメニティ

お隣のルネッサンスに宿泊した際に直接フロントで伺ったところ、大人2名子ども4人(当時11,9,4,1歳)でデラックス1部屋でOKをいただきました!

お隣ルネッサンスは2部屋必要だったので、ご厚意だったのかもしれません。その他ベビーベッドの設置なども予約前にメールで問い合わせを。

予約課メールアドレス

fourpointsklcitycentre@gmail.com

\詳しい問い合わせ方法は2項で解説/

キッズアメニティはないので持参が必要です。ベビーベッドあり。

お子さんはチェックイン時にクジの入ったガチャを回して、マレーシア感満載のおもちゃをいただけます。

こんなのでも子どもは嬉しい

子ども向けのテレビチャンネルはVision four kids。

なんといっても充実したキッズプールとプレイグラウンドが子連れには魅力。キッズクラブは宿泊時はまだオープンしていませんでしたが、楽しみですね!

アクセス

ツインタワーまで徒歩10分、市内バスGO KLやモノレールの駅も目の前で抜群の立地です。

傘を借りてツインタワーまで歩けるほど安心な道

Grab(タクシー)

クアラルンプール国際空港からの移動はタクシーアプリGrabを利用するのがおすすめです。かかる時間は約1時間、料金は我が家の場合6人乗りの車種でおよそ¥2,700(RM84)でした。

日本の配車アプリと同様に、アプリ内で降車地指定、支払いが完結するので安心です。SMS受信が必要なので、会員登録は日本にいる間に済ませておきましょう。

Grabに乗るのは1階の車寄せですが、空港内のWi-fiはあまり強くありません。特に1階はほぼ繋がらないので、現地simなどを利用しない場合は2階で配車しましょう。

住所

Corner of Jalan Sultan Ismail and Jalan Ampang

列車

時間を短縮したかったり、お子さんの車酔いが心配な場合は、KLセントラルまで行けるKLIAエクスプレスが快適。チケットのオンライン購入も可能です。

\KLIAについてはこちらで解説しています/

各停は1時間、急行は30分でKLセントラルまで行けます。ルネッサンスはそこからモノレールへ乗り換えて最寄り駅のブキット・ナナズへ。

この場合、モノレールは運賃が安すぎてキャッシュレス決済ができないので空港で両替するかATMで下ろしておきましょう。

最寄り駅
  • GO KL ルネッサンス駅より徒歩3分
  • モノレールBukit nanas(ブキット・ナナズ)駅より徒歩4分
  • LRTクラナジャヤ線Dang wangi(ダン・ワギ)駅より徒歩6分

GO KL ルネッサンス駅

GO KLのバス停からは大型商業施設「パビリオン」まで1本。そこからチャイナタウンにもバスが出ています。

路線は1番のグリーンライン。GO KLは巡回バスなので、ツインタワーまではかなりの遠回り。ホテルに戻る時は1駅ですが、行きは歩いたほうが圧倒的に早いです。

\GO KLについてはこちらで解説/

モノレール・ブキット・ナナズ駅

KLセントラルから乗れるモノレールのブキッ・ナナズ駅は、降りてすぐのピカピカの連絡通路を進むとすぐエレベーターがあります。

エレベーターを降りたら噴水の見える右手へ進み、階段を降りると道路向かいがルネッサンス。右隣がフォーポイントです。

このすぐ隣です

階段を降りて左手に横断歩道があります。階段から降りれば徒歩2分の距離です。

客室

フォーポイント・バイシェラトン・クアラルンプール・シティセンターの客室タイプは以下の通り。空間作りが上手なので、デラックス1部屋・家族6人でも狭さは感じませんでした。

1泊11,000ポイントで宿泊しています。

客室タイプ広さ価格帯
デラックス30平米¥15,000〜
デラックス・ツインタワービュー30平米¥16,000〜
デラックスベイ37平米¥18,000〜
スタジオ45平米¥18,000〜
カバナ近日オープン近日オープン
エグゼクティブスイート58平米¥21,000〜
プレミアスイート82平米¥28,000〜
ファミリースイート60平米¥41,000〜
ブログで紹介している客室を太字で表記しています。

公式サイト

デラックス(タワービュー&プールビュー)

ルネッサンスと同様、デラックスの中の最上階にアサインしていただきました!

当初プールビュー側にチェックインしましたが、シャワーのお湯が全く出なかったりベッド側に水漏れしていたりコンセントがショートしたりと新築ホテルあるあるが続き、修理もできなかったため急遽ルームチェンジ。

プールビューから

ツインタワービューへ。タワーの左はWホテル。

目の前の客室だったので移動が楽でした!本当に気の利くスタッフさんが揃っています。

テレビ横には落ち着くチェアとコーヒーテーブル

ワンタッチでUSBプラグが登場するスマートなデスク。仕事が捗ります

でもコンセントは差した後抜きづらい

ホテルインフォメーションもスマートにまとまっていて見やすい

デスク周りの雰囲気がとても好き

ベッドサイド。ウッディな壁と照明の明るさがちょうど良くて、子ども達が寝付きやすいです。

USBポートあり。

メモパッドとボールペンは連泊の際しっかり補充されていてびっくり

ベッドの奥には大きな全身鏡。

シンクはフラットなので子どもでも使いやすい!

オムツ用のダストボックスはなく、ゴミ箱にビニールもかかっていないので、赤ちゃん連れの方は必ず袋を持参しましょう。

バスタブはありませんが、とても広いシャワールーム。

子どもでも分かりやすいシャワースイッチ。水圧は問題ありませんが、なぜかハンドシャワーだけ水温がどうしても不安定なので、レインシャワーだけ使いました。

シャンプー類はディスペンサータイプ。赤ちゃんや肌の弱い子にはあまり合わないのでご持参を。

ボディローションと石鹸。歯ブラシは日本人でも使えるサイズで柔らかめ。歯磨き粉が別のパッケージなのが連泊にはありがたい!

カミソリやヘアコームは、クアラルンプールのホテルではなかなか見かけないのでご持参を。サニタリーバッグは紙製で破けやすいです。

タオルハンガーが2箇所あるのが家族連れには地味に助かります。

すっきりしたミニバー。コンプリメンツのお水は追加も無料でした。

ディルマのイングリッシュブレックファストとジャスミンティー、ネスカフェのインスタントはデカフェもあり。

冷蔵庫は空で使いやすい

家電はスタイリッシュなswissmanで統一。使い勝手はともかくお洒落!

バスローブはスイート以上の客室のみ。

ランドリーバッグは2枚。

ラゲッジラックも無駄がなくて使いやすい!

プール

お隣のルネッサンスと共用の広いプールは、子どもが一日中遊べる充実っぷりです。

常にスタッフさんが3名以上おり、笑顔で見回ってくれるので安心。

プールで遊ぶ時はチェックイン時にいただくリストバンドを忘れずに。

キッズプールは大きな遊具付きとスライダー付き、水深60cmの3箇所!

プールバーの横も浅いエリアがあります。

営業時間
  • プール:7:00-19:00
  • プールバー:
    • 平日:10:00-22:30
    • 土日祝:10:00-23:00

プールバーの注文はQRコードで。

水深120cmの広いプールにもスライダーとたくさんのフロートがあり、大人も大満足です。

チェアはもちろん、薄いカーテンのあるカバナもたくさんあるのでゆったり過ごせます。

シャワーもありますが、かなり冷たい!

喫煙所もありますが、さすがに利用している方は見ませんでした。

クアラルンプールの難点として、雨季は毎日のようにスコールがあるだけでなく、一日中曇っていてなかなか晴れません。

日本の夏のようにジメッとしていないため、体感気温も割と低め。プールも温水ではないので、30度以上ある日でも水遊びはちょっと寒いです。

プールを満喫したいなら乾季がおすすめ。

プレイグラウンド・パラダイストレイル

ルネッサンスと共用の広いプレイグラウンド。フルーツウォーターのディスペンサーを置いてくれているので、朝か夕方に水分補給しながら遊びましょう。日中は暑くて無理です。

日陰や椅子があまりないので、親も一緒に全力で遊ばざるを得ないのが難点。

営業時間

9:00-19:00

ビョンビョン揺れる赤ちゃん向けの遊具、

シーソーとグルグル椅子

幼児向け滑り台は坂道かネットで登ります

トランポリン

気持ち良いブランコ

小学生向けの登って探検するやつ。最後はぐるぐる滑り台です。

高学年にはクライミングも。てっぺんからツインタワーが見える位置にあります。

ロビー

USBポートもあり、テレワークしに来たくなる居心地の良いロビー。子どもも勉強が捗りました。

フロントスタッフさん達が本当に素敵な方ばかりで、会話もはずみます。ホスピタリティが抜群に高いです。

どこを切り取ってもかわいい

席がたくさんあるので、チェックイン時も子ども達がゆったり待っていられます。

思わず上りたくなる階段。上っていたらスタッフさんが「この階段楽しいよね!」とすれ違いざま子どもに声をかけてくれました。

エレベーターホールもワクワクします。

レストラン

朝食

宿泊当時はレストランが開業しておらず、お隣ルネッサンスのレストラン「エボリューション」で朝食が提供されていました。

グラブ・アンド・ゴー

ロビー奥のカフェにこっそりあるコンビニコーナー。

カットフルーツやお弁当、カップ麺やお菓子を販売しています。

マレーシアにしては高い?かもしれませんが、日本のコンビニと同じ価格帯で抵抗なく購入できます。いざという時に便利です。

おわりに

ロビーに入る瞬間からウェルカム感全開のスタッフさん達のホスピタリティが光るフォーポイント。

キッズフレンドリーなのはもちろん、GO KLバスやモノレールの駅も目の前で、ツインタワーも徒歩圏内の好立地。

公式サイトにある「妥協のない快適さ」という一言が「まさに!」としっくりくるホテルです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

マレーシアの格安航空券

航空券を探すにはスカイスキャナーという比較サイトが圧倒的に便利!

スカイスキャナーは世界1,200社以上の航空会社の中から、目的地への最安値や最短所要時間などニーズに応じたフライトをすぐに検索できる比較サイト。

予算や地域を指定しておすすめの目的地を見つけてくれたり、カレンダーでその日の最安値を見ることもできるので、「この日程が1番安い!」も一目でわかります。

気になるフライトを保存しておくと価格変動した際にメールやアプリで通知してくれる機能もあるので、お得なチケットを逃さず購入可能です。

とにかく見やすく感覚で操作できるデザインなので、サイトもアプリも使いやすさ抜群。 

おすすめの格安eSIM

海外でいざという時にネット環境がないと子連れは特に不便ですよね。

公共のWi-Fiは速度が安定しなかったり、セキュリティ面でも使うのが不安な場合も。

そこでおすすめなのが、ネットで購入後すぐ使えるeSIM。機材のレンタルやSIMカードの交換が要らず、紛失の心配もありません。

我が家がいつも利用しているAiraloは、難しい操作がなく10分もかからず購入できて便利。価格も業界最安値です。

\いますぐ価格をチェック/

タイトルとURLをコピーしました